日下部太郎とウィリアム・グリフィス

福井藩で最初の海外留学生

日下部太郎
日下部太郎

日下部太郎は、弘化二年(1845年)福井藩士八木郡右衛門の長男として生まれました。幼名を八十八(ヤソハチ)といいました。勉強熱心な八十八は13歳のころ、藩の学校「明道館」に入って学問に励むことになりました。慶応元年(1865年)、21歳の立派な青年に成長した八十八は、藩の命令で長崎へ行き、英学の勉強に励むことになりました。

それまで幕府は、鎖国政策をとっていましたが、慶応二年(1866年)ついに海外渡航を許可することになりました。八十八少年は早速、藩に海外渡航の願いを提出し許可されました。彼は八木家の先祖の姓を名乗り、日下部太郎と改名して、海外渡航の手続きをとりました。慶応三年、長崎の外国事務局から、3年有効の海外渡航免許状(今のパスポート)が交付されました。「長崎第四号」であります。

日下部太郎は、大きな期待と新たな決意を胸に秘めて長崎を出発。アメリカ合衆国、ニュージャージー州、ニューブランズウィック市に向かいました。150日の長い船旅でした。

ウィリアム・グリフィスとの出会い

ウィリアム・グリフィス
ウィリアム・グリフィス

ニューブランズウィック市には、太郎の留学を支援した教会と提携する教育機関として、ラトガース大学、グラマースクール、そして神学校がありました。太郎が入学した大学の上級生として、彼の学業を支えてくれた2歳年長の温かい友人が、ウィリアム・グリフィスでした。グリフィスは大学に学びながら、グラマースクールの教師も務める、優秀な学生でした。

勉強熱心な太郎は、大学の理学科に入学し、クラスの首席をしめるほどになりました。太郎の勤勉さと学力の優秀さが賞賛されるばかりでなく、何事にも誠実で、礼節正しく、快活な太郎の人柄が誰からも好かれました。

ラトガース大学は1766年に、アメリカ8番目の大学として建てられたクィーンズ単科大学がその前身。グリフィスは1865年に、この歴史と伝統のあるラトガース大学に入学しました。彼は非常に積極的な青年で、大学の月刊新聞を作ったり、随筆を発表したり、また学内の弁論大会で演説賞を獲得したりしました。それで、卒業の時には優等生として、日下部太郎と同じく、名誉あるファイ・ベーター・カッパーの会員に選ばれています。

病魔に倒れて、異国に客死

太郎は学業では、素晴らしい成果を収めていましたが、生活は苦労の連続であり、経済上の困難は想像に絶するものがありました。異国の食生活にはなかなか慣れず、生活の疲れや過労が重なって体調を崩し、微熱の続く日が多くなりました。それでも寝食を忘れて勉学に励む太郎でしたが、ついに病魔に倒れました。肺結核に蝕まれていたのでした。同志たちとともにアナポリスの海軍兵学校に進むことはかなわず、それでも生命の限り学業を続けた太郎は、明治三年(1870)、その26歳の短い一生を異国の地に閉じたのでした。

大学は、太郎の学業と人物の優秀さを認め、彼に卒業生と同等の資格を与えました。そして、全米の大学の優等生ばかりで組織されている、ファイ・ベーター・カッパーの会員に推薦され、その印として名誉ある金の鍵を贈られました。今でも、彼の写真がラトガース大学のアレキサンダー図書館のホールに掲げられています。

出会いが生んだ出会い

日下部太郎のところでも紹介しましたように、グリフィスは太郎にラテン語を教えるなどして学業を援けましたが、太郎の真剣な学習態度と、太郎の何事につけても誠実で、礼節の正しさに強く心を打たれました。グリフィスは、後に「彼は有能な青年であり、研究心に燃える立派で、明朗な性格の持ち主であった。私は、心密かに敬意をはらい、深く日本の国風を憧れるにいたった。」と感想を述べています。

人と人との出会いは、時には思わぬ大きな結果を生むものです。グリフィスと太郎の出会いもそうでした。グリフィスと日本、そして福井との出会いにもなったのです。

グリフィス日本へ船出

ラトガース大学を卒業したグリフィスは、1869年に神学校に入学しました。南北戦争の体験から、グリフィスは、人間の心の奥深い問題に目を向けるようになり牧師になろうと決意したのでした。そして、1870年に教会の牧師生活が始まりました。その頃、福井藩からの招待状を受け取りました。色々悩みましたが、日下部太郎の面影が浮かび、決意しました。「私の学んだ自然科学の知識や技術が、その国や国の人達のために役立つなら、こんなに嬉しいことはありません。困っている人達のために何かお手伝いをする。これは、私が一生を捧げようと決心した教会の仕事と同じだと思います。」

グリフィスは太郎が死んで8ヶ月後の1870年12月に、サンフランシスコを船出し、年の瀬も押し詰まった12月29日に無事横浜に着き、それから2ヶ月後の3月4日に福井へ到着しました。

グリフィスの福井での活動

藩校「明道館」は「明新館」と名前が改められていました。そこでグリフィスは、先ず最初、物理学と化学を教えました。その時の授業のノートが残っていますが、とても懇切丁寧であり、今でも通用する内容のものです。そして、理科実験室を作りました。それは我が国でも有数の素晴らしいものでした。科学は魔術でないことを、実験を通して丁寧に、根気強く教えました。グリフィスの熱意は生徒達の真剣さを誘いました。そのうち、約束の一つの洋館が出来上がり、人々はそれを「異人館」と呼びました。グリフィスの月給は300ドルで、これは藩の家老職の扱いでした。藩はそれほど大きな期待をグリフィスに寄せていたのです。グリフィスはこの期待に応えて、福井藩の教育に尽力しました。町の人達からも慕われ、信頼されていました。

廃藩置県発令の後

そのようにして10ヶ月経った頃、大きな変動が起こりました。明治新政府は、明治4年(1871年)7月、廃藩置県の令を出しました。グリフィスを招いた福井藩が無くなることになったのです。グリフィスは大変困りました。思案に思案を重ねましたが、東京に出て、広く日本の教育のために尽くす決意をしました。

東京に出たグリフィスは、大学南校(後の東京大学)で、化学、物理、精神科学を教えることになりました。また、姉のマーガレットも日本に来て、東京女学校(日本で最初の女子の官立学校)で教えることになりました。グリフィスは、明治7年(1874年)、姉とともに帰国するまで、わが国の新しい教育のために、数多くの立派な仕事をしました。

米国に帰国後の活躍

グリフィスはアメリカに帰国後は牧師となりますが、同時にアメリカ社会に日本やその他のアジアのことを紹介する文筆・講演活動を精力的に行いました。特に日本については、1876年に刊行した”The Mikado’s Empire”(「ミカドの帝国」)の第一部で日本の通史を、第2部で福井の滞在記などを発表しています。第一部の最終章では、グリフィス自身が福井で立ち合った廃藩置県も含む明治維新について、当時の外国の知識人として、透徹した歴史観と日本への深い思いを開陳しています。グリフィスは、その後も多数の著書と言論活動を通して、明治・大正から昭和にかけての欧米の対日理解増進に重要な足跡を残しました。

その後1926年に、グリフィスは83歳の高齢で再度日本を訪れました。福井にも立ち寄り、多くの福井市民に出迎えられました。55年ぶりのことでした。それから2年後の1928年、フロリダ州の別荘で84歳の実り多い一生を終えました。